【用語】MMF

この「銀行の経営がどうなるかは信用によって発展するか、そこに融資するほど価値がない銀行だと評価されたことでうまくいかなくなるかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
FXとは、要は外国の通貨を売買することで利益を出す取引である。外貨預金または外貨MMFよりもかなり利回りが良く、さらには為替コストも安い長所がある。興味があれば証券会社やFX会社で購入してみよう。
アメリカの連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)が支払う預金保護のための保険金の現在の補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円"なのです。預金保険機構に対しては日本政府と日銀ならびに民間金融機関全体が大体3分の1ずつ
西暦1998年12月のことである、当時の総理府の内部部局ではなく外局として委員長は大臣にする新しい組織である金融再生委員会が設置され、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に2年余り組み入れられたということを忘れてはいけない。
間違えやすいけれど、株式とは?⇒債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても株式を手に入れた者について返済しなければならないという義務は発生しないということ。そのうえ、株式は売却によってのみ換金できる。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日のことである。アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが突如経営破綻したというニュースに世界が驚いた。このショッキングな出来事が全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったためその名から「リーマン・ショック」と名づけたのだ。
いわゆる「重大な違反」、またはそうではないのかは、監督官庁である金融庁で判断する。たいていの場合、小粒の違反がたぶんにあり、その関係で、「重大な違反」認定するということ。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月に大事件。アメリカの老舗であり名門投資銀行グループのリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったというニュースがアメリカから発信された。このニュースがその後の歴史的な世界的金融危機の原因になったので「リーマン・ショック」と呼ぶようになったというのが事実である。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替とは、海外旅行にいくときあるいは外貨を手元に置かなければならない人が利用されている。近頃は日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱っているサービスのうちほとんどのものは郵便局時代の郵便貯金法による「郵便貯金」の定義は適用せず、民営化後適用された銀行法の規定による「預貯金」を準拠した扱いのサービスということ。
つまり外貨MMFというのは国内でも売買可能な外貨建て商品のことである。外貨預金に比べると利回りがかなり高く、為替変動によって発生した利益が非課税として取り扱われるメリットがある。すぐに証券会社で購入しよう。
銀行を表すBANKという単語はイタリア語で机やベンチを意味するbancoが起源である。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。それは15世紀の初め豊かな国であったジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):国債など公社債や短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言います。取得してからまもなく(30日未満)で解約するような場合・・・これは手数料にペナルティ分も必要となるというルール。
バンク(銀行)という単語はもともとイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来との説が有力。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。それは15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行であるという。
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスについて。銀行の預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座間において、株式等の購入代金や売却益が自動的に双方に振替えられる画期的なサービス。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦なのです。

広告を非表示にする